3-3. チガくない? 

さて前回([3-2. 「好き」と「好く」])の最後に書いた「違くない?」はどこが面白いのか?
(これも「スペイン語のあいうえお」の寄り道として書いていたもので、ここへ持って来る為に編集途中で放ってあったら、「違くない」って表現も今じゃ古くなってしまった感じですが、まあ「ナウい」に比べると最近の言葉という事で…(・・;))
ここでも実は、「好き」と「好く」と同じような事が起こっている。…というか丁度逆ですかね?
つまり「好き」は日本語では形容動詞(=形容詞というのは、前回説明しました)なのに、英語では “to like” という動詞。それに対して、「違う」は日本語では動詞なのに、多分英語の “different” のように形容詞にしちゃったらどうだろうって…ここで、え? 「違う」って形容詞じゃなかったっけ?って思った方、試しに「正しく」活用させてみて下さい。「違ない、違ます、違、違時、違ば、違! 違う…最後のふたつ、意味的にはちょっとおかしいけれど、ちゃんと五段活用してますね? だのに形容詞(かろ、かっ、く…以下省略…(・・;))と同じように活用させて「チガくない?」ちなみにもうひとつ、昔の流行語だった「ナウい」は、本当は「ナウな」、つまり「な形容詞」(=形容動詞)で言うべきところを「い形容詞」で活用させちゃったところが、当時新しかったのです。
でも日本語の形容詞は、何故形容詞と形容動詞の2種類あるんでしょう? 実は形容動詞は、外来語だったと思われるフシがあるのです。
でも昔の話なので外来語と言っても英語じゃなくって、たとえば漢語とかですね。漢字の二字熟語で「な」をつけると形容動詞(=な形容詞)になって名詞を修飾する事のできるものは、元々は外来語だったのではないかという事です。それに対して、本来のやまと言葉にあった形容詞は、「い形容詞」って訳です。

(「大きい」と「大きな」のように両方あるのもあるけど…?)

面白いのは、普段文法なんか意識してなくても、無意識の内にそういう事を捉えて区別しているという事。本来なら英語の “now” を外来語の形容詞として取り入れるには、「ナウな」となるべきだと無意識に感じているのに「ナウ」としたのが面白くて、当時流行語になった…という事は、普通の日本人は「外来語を日本語の形容詞として取り入れる時には形容動詞にする」というルールを、暗黙の裡に理解してるって事です。

ところで「い形容詞」だの「な形容詞」だのって言ってるけど、日本語の形容詞はほんとに形容詞なのか? 違くない?? という辺りを次回(…っていつ?)

広告

コメントする

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中